歌う時に緊張して声が震えてしまう。そんな時の克服方法は?

ストレス、女性

普段練習している時はなかなか良い感じに歌えているのに、いざ人前で歌うとなるとどうしても緊張してしまう、、、

または、緊張のあまり全く実力を発揮できなかった、、、

そんな体験をしたこと、皆さんもあるのではないでしょうか。

人前で歌う時に、緊張のあまり声が震えてしまうことは、歌の技術的な面が不安定な際、起こりやすいことでもありますが、今回は歌の技術的な面からではなく、メンタル的な部分からのアプローチ方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

歌う時に緊張してしまうのはなぜ? 緊張してしまうことは駄目な事?

ストレス、女性

どうして歌う時に人前だと緊張してしまうのでしょうか?

私たちは人前で何かをする時、「もし失敗したらどう思われるだろう、、、」

そんな風に不安に感じることはよくありますよね。

そんな不安が一種の「ストレス」として、体の自律神経をコントロールする部分に伝わっていきます。 そして自律神経の交感神経が非常に活発となり、その結果、呼吸が荒くなったり、心臓がドキドキしたり、筋肉が震えたりします。

そんな状態が私たちが「緊張」と呼んでいるものになるのです。

 

でも私自身、緊張することは決して悪いことではないと思っています。

と言うのも、 もし自分にとってそんなに大事なことではない場合、失敗したくないという気持ちは起こりにくいですし、それほど緊張を感じることもないと思っているからです。

言い換えると、緊張が起こるということは、自分がそれを上手くやりたいとか、成功させたいと思っている前提があるからこそ、逆に不安要素をストレスとして捉えているのではないでしょうか。

せっかく成功させたいという気持ちがあるのだから、上手に緊張と付き合っていきたいですよね。

緊張して声が震えそう! 声の震えは防げるの?

男性歌手

それでは緊張を感じて声が震えるのを防ぐにはどうすれば良いでしょうか。

体が緊張状態になると、呼吸が乱れたり、心拍数が上がったり、体が震えたりしますが、この中で私たちが唯一自分でコントロールできるのは「呼吸」になります。

緊張を強いられると、おそらく呼吸のスピードもかなり早くなっていると思われるので、意図的に呼吸のスピードをゆったりさせることも非常に大切です。

極度の緊張状態では、自分の呼吸に意識を向けること自体忘れていることも多いので、最初のステップとしては「いま自分の呼吸はかなり浅く速くなっているぞ」とまずは気付く事が出来ると良いですね。

 

または身体的なアプローチとしては、ストレッチをして体を動かすことで、自分の意識を別のポイントに向けてあげることも効果的です。

緊張していることは決して悪いことばかりではないので、あくまで緊張にのまれすぎないということを覚えておくと良いでしょう。

緊張の克服方法は?

人前で歌う本番では、基本的には予期せぬことが起こるのが当然と考えておくと良いでしょう。何か自分の思ってもいない様な状況になることは、私の経験上、よく起こりえることだと思います。

むしろそんな状況に対応できるような対応力やアドリブ力を鍛えることも大切です。

対応力を鍛えるためには、普段から自分にとって不利な状況でリハーサルをこなすこともひとつ手かもしれません。

例えば歌いにくい環境をあえて作って、その中で歌い切る練習をしていく。

「この人の前だと正直少し歌いにくいな、、、」と思ってしまう様な人の前であえて歌う場を作っていく。

人それぞれ嫌だなと感じる状況があると思うので、あえてその状況に練習の段階から自分を置いておく事も、本番で緊張にとらわれすぎないためには有効な方法だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です