セブンスコードって何?弾き方と構成音をピアノでチェックしよう

今回は、初心者の方に向けて、ピアノでの「セブンスコード」と呼ばれるコードの弾き方を説明していきたいと思います。

セブンスコードに使われる音は全部で4つになります。

音数が増えることで、これまでよりも弾く事が難しく感じられるかもしれませんが、既成曲の中でも当たり前のように使われるコードなので、頑張って弾けるようにしていきましょう^^

スポンサーリンク

セブンスコードの仕組み(構成音)をチェックしよう

実際にコードを弾く前に、セブンスコードの仕組み(構成音)をチェックしていきましょう。

セブンスコードとは、構成音が全部で4つとなる「四和音」と呼ばれるものになります。

「C7」を例に、仕組みを見てみると、、、

スコア
コードの仕組み
  •  ド = ルート(Root) 

日本語では「根音」と呼ばれます。コードのアルファベットで表記される音の事を指します。

「C7」の場合、「C=ド」なので、ルートの音は「ド」になります。

  •  ミ = 3rd 

ルートから数えて3番目の音を「3rd」と呼びます。

「C7」の場合、ルートの「ド」から「ドレミ、、、」と数えると「ミ」は3番目の音にあたります。

  •  ソ = 5th 

ルートから数えて5番目の音を「5th」と呼びます。

  •  シ♭ = 7th 

ルートから数えて7番目の音を「7th」と呼びます。セブンスコードには7番目の音が含まれるため、コード表記に「7」という数字が出てきます。

セブンスコードは「ルート、3rd、5th、7th」の構成音から成り立っています。

スポンサーリンク

セブンスコードの弾き方をマスターしよう

それでは、動画を参考にしながら、セブンスコード「C7」を弾いてみましょう!

スコア

「◯7」というコードを弾く場合、鍵盤上で音と音の間隔を「3・2・2」というように空けて弾くのがポイントですよ^^

ピアノで他のセブンスコードも弾く事ができるか試してみよう

それでは、鍵盤上での「3・2・2」というルールで、他のセブンスコードも弾く事ができるか試してみましょう。

「F7」を弾いてみましょう!

スコア

鍵盤上で音の間隔を「3・2・2」の幅で空けて弾くルールは、他にも応用可能ですね!

シャープ(♯)やフラット(♭)が付くセブンスコードの弾き方は?

今度は、弾く時に迷ってしまう方が多いと感じる、シャープやフラットが付くセブンスコードの弾き方について説明していきたいと思います。

「F♯7」と「E♭7」をそれぞれ見ていきましょう。

スコア

「F♯7」や「E♭7」のように、シャープやフラットが付いている場合、あまり複雑に考えずに、まずはシャープやフラットが付いた音をルート音として弾いてしまう事が間違いを防ぐコツになります。

最後に

コードとして、沢山の音を弾いていく事は少し大変かもしれませんが、ポップスを弾くためには欠かせないセブンスコードを動画を参考にして練習してみてくださいね。

セブンスコードをスムーズに押さえられるようになると、弾ける曲の幅も広がってきますよ^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です