音楽センスがある人の特徴とは? センスのためには技術が必要?

ギター

「あの人は音楽のセンスがあるよね。」そんな褒め言葉を聞いたことはありませんか?

音楽のセンスって一体何なのでしょうか。そして、どうしたら自分の音楽センスを高めていくことができるのでしょうか?

抽象度の高い内容になりますが、是非この機会に一緒に考えてみましょう!

スポンサーリンク

音楽のセンスがあるってどういうこと ?

ライブ

「音楽のセンスがある」といっても、その言い回しはなかなか抽象度が高いものですよね。

抽象度が高いからこそ、人によってその意味の捉え方は様々かもしれません。

元々、「センス」とは「感覚」という意味があります。

ここから考えられるのは、ある物事に対して、細い特徴や違いなどを感覚的に、なおかつ的確に捉えることができる能力が高いと、センスがあるといえるのではないでしょうか。

音楽のセンスがある人の特徴とは

ギター

それでは音楽のセンスがある人の特徴を、具体的に考えてみましょう。

例えば、音楽の中でも「演奏」に関して言えば、細い変化をしっかりと、音という表現方法に落とし込む事が出来る人と言えば良いでしょうか。

またはその場の雰囲気や、音楽を聞いてくれている人達の微妙な変化に合わせて、自分の音を変化させていくことができる人も、非常にセンスのある人ではないかと思います。

もしあなたが音楽を演奏する立場にいなかったとしても、例えばパーティーなどの楽しい場所でかける音楽を選ぶ状況になった場合、悲しげな曲を選曲することはまずないですよね。

そのパーティーのイメージに合わせて、盛り上がるような曲を選ぶのが自然だと思います。

このように、TPOに合わせて音楽をチョイスするということも、音楽のセンスが必要とされる場面ですね。

音楽のセンスを高めるためには技術が必要?

音楽のセンスを高めるためには音楽的な技術が必要でしょうか? 私自身の考えとしては「YES」だと思います。

音楽の細かい部分を表現していくことがどうしても必要になるため、自分自身の音楽的な技術が足りていないと、自分のイメージしている音楽を表現することがどうしても難しいのではないかと思います。

また音楽全般の幅広い知識や経験がないと、誰かの音楽に似ているようなイメージを与えてしまう場合もあるため、自分が得意とするジャンルはもちろんのこと、それ以外の音楽ジャンルへの知識も必要となります。

けれども、言い換えると、センスが物足りないと自分で感じてしまう場合、圧倒的に音楽的な知識や経験不足が原因となっている場合が多いので、シンプルに自分の知識・経験を増やしていく努力を続けていけば良いわけです。

これを機会に、自分にとってどの部分の音楽的知識をプラスしていけばセンスを高めることが出来るのかを考えて、その感覚にさらに磨きをかけていってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です