マイナーセブンスの弾き方をピアノでマスターしよう【コード】

今回は、初心者の方に向けて、ピアノでの「マイナーセブンスコード」の弾き方を説明していきたいと思います。

四和音のひとつでもあるマイナーセブンスコードは、ポップスの曲の中に沢山出てくるので、沢山の音を同時に押さえるのは少し大変かもしれませんが、頑張って練習していきましょう^^

スポンサーリンク

マイナーセブンスコードの弾き方をマスターしよう

マイナーセブンスコードは四和音でもあり、「ルート(Root)・3rd・5th・7th」の4つの構成音から成り立っています。

それでは、動画を参考に「Cm7」を弾いてみましょう!

スコア

「◯m7」というコードを押さえる時は、鍵盤上で下から「2・3・2」の間隔を空けて弾くのがポイントですよ。

他のマイナーセブンスコードをピアノで弾いてみよう

それでは、鍵盤上での「2・3・2」というルールが他のマイナーセブンスコードにも応用可能かどうか見ていきましょう!

「Gm7」というコードを弾いていきましょう。

スコア

「Cm7」も「Gm7」も、同じマイナーセブンスコードになるので、鍵盤上で弾く間隔が「2・3・2」というルールは応用可能ですね^^

シャープ(♯)やフラット(♭)が付くマイナーセブンスコードの弾き方は?

今度は、シャープやフラットが付いたマイナーセブンスコードを弾く練習をしていきましょう!

動画を参考にしながら、「F♯m7」と「B♭m7」をそれぞれ弾いてみましょう。

スコア

上手に弾けたでしょうか?

シャープやフラットが付いたコードは、なによりもまずルートの音に、表記通りにシャープやフラットを忘れずに付けて弾いてから、その後「2・3・2」というように、鍵盤上での幅を合わせていくと間違いにくいですよ。

最後に

今回は、マイナーセブンスコードコードのピアノでの弾き方についてを説明してみました。

どんなに複雑そうなコードに見えたとしても、構成音の音と音の幅が理解できると、色々なコードもスムーズに弾く事が出来ますよ。

マイナーセブンスコードを理解する時は、セブンスコードとの比較で覚えるとよりいっそう理解が深まると思いますので、是非、下記のブログ記事も参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です