オーギュメントとマイナーフラットファイブコードを弾いてみよう

デザイン

今回は、初心者の方に向けて、「オーギュメント」「マイナーフラットファイブ」、それぞれのコードの弾き方を説明していきたいと思います。

「メジャー」「マイナー」のコードと同じように、コードの構成音の鍵盤上での間隔をチェックしていくと理解しやすいですよ。

それでは、早速「オーギュメント」と「マイナーフラットファイブ」のコードの弾き方を練習していきましょう!

スポンサーリンク

オーギュメントコードの構成音

まずは「Caug 」というコードを例に、オーギュメントコードの仕組みを見ていきましょう。

楽譜

「Caug」を弾く時は、「C」 というアルファベットは、「ドレミファソラシド」という階名で考えると「ド」のことを指しているので、コードの一番下の音は「ド」の音を弾けばOKです。

オーギュメントコードでは、一番下の音から、鍵盤上で「3・3」という間隔を挟んで弾いてみましょう。

そうすると、「Caug」の構成音は「ド・ミ・ソ♯」になります。

なんだか緊張感を感じさせる和音に聞こえますね。

マイナーフラットファイブコードの構成音

次に、「Cm(♭5)」というコードを例に、マイナーフラットファイブコードの仕組みを見ていきましょう。

楽譜

「 Cm(♭5)」の場合、一番下の音は 「ド」の音になります。

一番下の音から、鍵盤上で「2・2」という間隔を空けて押さえると、結果、それだけでマイナーフラットファイブコードを弾くことが可能になります。

Cm(♭5)」の構成音は、「ド・ミ♭・ソ♭」になります。

他のコードに応用できるか試してみよう

それでは、他のコードネームも弾く事が出来るかどうか試してみましょう!

「Faug」と「Am(♭5)」というコードを練習してみましょう。

正解はコチラ!
Faug = ファ・ラ・ド♯

Am(♭5) = ラ・ド・ミ♭

楽譜

上手く弾けましたか?

コードを弾く時は、「どんな印象の和音に聞こえるかな?」という事を意識しながら練習してみてくださいね。

最後に

コードの仕組みって、とてもシンプルですよね! だからこそ、コード初心者のあなたも、気楽な気持ちで楽しみながらコード弾きの練習をしてみてください^^

オーギュメントコード、そしてマイナーフラットファイブコードの弾き方を説明してみました。是非、曲を弾く時の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です