歌・楽器が上達する人が必ず持っている音楽を「聴く」という姿勢

円

沢山の生徒さんのレッスンを担当していると、やはり人によって上達のスピードは様々だったりします。

出来る限り早いスピードで、歌や楽器が上手になりたいという気持ちは、皆さんに共通するものですよね。

今回は、音楽的成長の伸び率をアップさせるために、特に「音楽を聴く」という姿勢にフォーカスして、私の考えを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

歌・楽器が上達する人に欠かせない「音楽を聴く」姿勢とは

女性

歌や楽器が早く上達する人に欠かせない姿勢とは、「他の人の音楽を尊重することが出来る人」だと考えています。

「他の人の音楽を尊重することが出来る人」なんていうと、音楽的知識もスゴくないといけないのでは?なんて考えがちですが、そんなに難しい事ではなく、言い換えると、「人の演奏をちゃんと聴くことができる」という事ではないかなと思っています。

そういった聴く姿勢をしっかり持っている人が、圧倒的なスピードで成長している気がするのです。

 

ちなみに、これは私が実際に目にした例なのですが、とあるオーディション会場で6~7人が1グループとなって、順々に歌や演奏、自己 PR を披露する機会がありました。

自分の出番まであともう少し、そういった緊張感溢れる状況の時に、おもむろに自分の歌う曲の歌詞をチェックし始めたり、楽譜を見始めるなど、審査員がいる中で、自分のチェックばかりに気を取られている姿を見かけたことがあります。

一方では、自分より出番が前の方の演奏に、じっくりと耳を傾けている人もいます。

こういった、自分が本番を待っている時の姿というのは意外とチェックされているものなので、もしあなたが「自分の本番ばかりに意識がいって余裕が持てない」という方は、是非、普段の取り組み方を見直してみることをお勧めします。

もし自分の演奏に不安がある場合は、本来であれば、本番当日の段階ではなく、もっと事前の段階でその不安要素を消しておくべきという事ですね。

やはり目の前で演奏している人がいるのに、そこに意識が向いていない姿を見せてしまうのは、結果的にあなたにとってもデメリットとなってしまいますので。

スポンサーリンク

他の人の音楽には情報がたくさん溢れている

音符

もし、あなたが「人の演奏なんて聞いている余裕ないよ、、(涙)」という時は、こんな考え方がオススメです。

自分の演奏を早く高める事が出来る人というのは、「あらゆる事からインプット出来る人」だったりします。

何も、自分の演奏を良くしていくためには、練習している時だけが練習時間ではないということですね。

他の人の演奏を聞いた時に、良いポイント/改善したら良くなるポイントを素早く見つける事が出来るというのは、音楽の細部を捉える事が出来ている証拠だと思います。

そこで見つけたポイントを、自分の音楽に創意工夫しながら取り入れるという視点を持つ練習を普段からしてみてくださいね。

「(音楽を)よく聴くことが出来れば、上手くなるのも早い」

こんな台詞も聞くこともありますし、最初はなかなか漠然としていて上手く見つけられない事も多いかもしれませんが、繰り返す事で精度も上がっていくと思うので、決して数回の練習だけで止めないように頑張ってみてください!

もしお客さんが自分の音楽を聴くことをしなかったら? 自分がミュージシャンとしてして欲しい事を自らしてみよう

他の人の音楽を聴くことが、結果的に、自分の音楽的成長を加速させるメリットがあるという事を書いてきましたが、他にも、歌い手・演奏者の立場から想像してみると、「演奏している時に、自分の音楽をしっかり聴いてくれる人」というのは、かけがえのない存在ですよね。

音楽を続けていく上で、自分の音楽を前向きにとらえてくれたり、応援してくれたりする方達というのは必要不可欠です。

音楽に限った事ではないかもしれませんが、自分がしてもらって嬉しい態度などを、どんどん先に見せていく事が習慣づいていると、結果、自分が応援してもらえるという良いサイクルを早く作ることができると思います。

こういった前向きな姿勢というのは、定着するまでは多少大変かもしれませんが、定着させた後のメリットはとても大きいので、是非取り組んでみてくださいね。

技術的な成長や、レッスンを受ける時の心構えに関しては、こちらの記事に書いているので、もしよければ併せて読んでみてください。→ 「歌や楽器が上手くなりたい!」レッスンを受ける時の大切な心構え

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です